発達障がいについて考えてみよう!Vol.3

発達障がいについて考えてみよう!

さて、発達障がいについて考えてみよう!もVol.3を迎えました。

Vol.1、Vol.2と記事をご紹介させて頂きましたが、毎回ご意見ご感想を下さる方がいらっしゃったり、ゴゴチ!を頼ってご質問を下さったり、障がいに関しての情報が広く求められていることや、必要としているところへ情報が届いていない、支援が足りていないという現実を知ることが出来ました。
Vol.3では、発達障がいについてわかりやすく紹介してくれているサイトや子どもとの日常の「困った・・・」にヒントをくれるサイト、また、実際に支援を必要としている方がまずどのようなところへ相談したら良いかなどより実用的に利用できる情報をお届けしたいと思います。

りたりこ発達ナビ

りたりこ発達ナビでは発達障がいに関する様々な情報の配信とサービスを行っています。どんなコンテンツがあるのかちょっと覗いてみましょう。

・コラム

コラムでは、基本的な発達障がいについての情報(広汎性発達障害とは?自閉症とは?アスペルガー障害とは?など)から、発達障がい児の育児経験談や困りごとの解決策など幅広く読み物として情報を提供してくれています。

・Q&A

「Yahoo知恵袋」や「教えてgoo」のように質問を上げるとそれについて経験を持つ方や、アドバイスできる人が返信をつけてくれるコンテンツです。たくさんのユーザーさんからお話を聞ける機会を得られます。

・コミュニティ

様々なカテゴリーに分かれていて、日々の何気ないつぶやきを聞きあったり、具体的な共通点を持った人たちのグループを築いたり、共感しあえる仲間同士がつながることのできるコミュニティーを作ったり参加したりすることが出来ます。発達障がいとかかわる中で、こういった日々のちょっとしたことや何気ないことも気軽につぶやいたり話し合ったり出来る場所が実は一番必要かもしれないですね。

・親子のヒント

「お片付けができない」「偏食、好き嫌いが激しい」「「急に怒りが爆発しかんしゃくを起こす」「失敗や間違いを過剰に嫌がる」など、親子の「困った・・・」に実践的なヒントを提供してくれているコーナーです。あれ?これって発達障がいかそうでないか関係なく私も是非知りたいことがたくさん・・・。中には「専門家のヒント」のコーナーもあり、より専門的データや研究に基づいたアドバイスを紹介してくれています。

・地域情報

実際に利用できる
◇デイサービス事業所
◇民間発達支援施設
◇幼稚園
◇病院
など様々な施設を地域ごとに検索することが出来ます。口コミ投稿機能もあるため、口コミのある施設に関しては様子を知ることも出来るのが嬉しいですね。

・メルマガ配信

メルマガ配信サービスもあり、会員登録をすると新しいコラムの配信をお知らせしてくれたり、イベント開催のお知らせなど情報をいち早く得ることが出来ます。コラムのタイトルがそのままメルマガのタイトルとして配信されてくるので、気になるコラムの時だけサイトのリンクを開き確認するなどの使い方ができとても便利ですし、情報の更新が非常にマメでたくさんの情報の中に自分の興味ある、役立つ情報がきっと見つかるはずです。

りたりこ発達ナビ。いかがですか?実際に利用してみると、発達障がいに関する様々なニーズが一つのサイトにギュッと凝縮されていて情報収集の為の導入として非常にわかりやすいサイトだと感じます。是非一度、覗いてみてください♪

 

リンクはコチラから♬





子ども情報ステーション byぷるすあるは

子ども情報ステーションは、精神障がいやこころの不調、発達凸凹をかかえた親とその’子ども’の情報&応援サイトとして情報配信をしています。こちらのサイトは子どもが発達障がいである、ということではなく親の方が心の不調や、発達の凸凹をかかえている場合の子どものケアや支援を目的として立ち上げられたサイトですが、内容は子どもの発達障がいや成長の段階でぶつかる困難に対してもたくさんのヒントを提供してくれています。

こちらのサイトでの解説は子どもが一人で読んでも理解できるように工夫がされていてとにかくわかりやすいのが特徴です。発達障がいについて事前の知識が無くてもイラストと解説で十分に理解することが出来ます。

特筆すべきは、ページを運営しているNPO法人ぷるすあるはではオリジナルの絵本やグッズ、lineスタンプなどを制作し販売しているというところです。
かわいいイラストでlineスタンプなどは普段使いにも十分利用できそうなデザインです。

また、オリジナルグッズ

『ハルのきもちいろいろカード』─気持ちをみつけるヒントに・コミュニケーションツールに─」

も、かわいいイラストと気持ちを伝える工夫がたくさんです。育児で疲れてしまった時、親自身が自分の気持ちに気づくきっかけや癒しの効果も得られそうなカードです。

 

リンクはコチラから♬

 

あんふぁんWeb 奥田健次の爆裂子育てインフェルノオオオオオオウ

センセーショナルなタイトルバナーですね!!
今回は、発達障がいをテーマとした記事をご紹介してきましたが、あんふぁんWebで紹介されているこちらのQ&A式コラムは心理臨床家、専門行動療法士、臨床心理士の奥田健次先生が子育てのお悩みを「行動」に焦点を当ててアドバイスしてくれるコーナーで、子育ての悩み全般を扱ってくれています。

発達障がい児の話じゃないの?と思われるかもしれませんが、発達障がい児の育児と、定型発達児の育児、分けて考える必要はなくコラムを読んでみると実にどちらの育児にも幅広く応用できるヒントがたくさん詰まっています。

質問の内容は、発達障がいの子どもという枠ではなく定型発達児にもあるあるのお悩みが扱われていますが、回答をくださっている奥田健次先生は、発達障がいや自閉症児の支援をされている先生で専門の立場から的確なアドバイスをしてくれています。非常にユニークな方法を飾らないわかりやすい言葉で提案してくれるので読み物としても非常に面白く感じると思います。少し表現に勢いのある一面もあるので、受け取り方は様々・・・の部分もあるかもしれませんが、

どの育児書を見てもアドバイスをもらっても、「待ちましょう。寄り添いましょう。受け入れましょう。」とお決まりの言葉ばかりで少しもやもやしていた方には「なるほど!!」とスッキリできる要素が多分にあると感じます。

(私もだいぶすっきりして、布団の中で何度となくニヤニヤさせて頂きました。とにかくくすっと笑えて面白い・・・)

あんふぁんWebで紹介されている奥田健次先生のコラムには、育児の上での心構えや気の持ちようだけでなく、育児は「テクニック」も重要なんだ!という新しい視点を与えてくれると感じました。日常の、ちょっと困ったな・・・のヒントや家事育児の合間の息抜きに是非覗いてみてください。

 

リンクはコチラから♬

 

宇都宮市の発達障がい関連支援事業

子ども発達相談室

子どもの発達に関して「気になること」「心配なこと」の相談に乗ってくれる総合的な窓口です。
相談内容の一例・・・

◇ことばが遅い

◇発音が不明瞭、どもりがある

◇歩くのが遅い、上手く走れない、からだの使い方が不器用

◇ひとり遊びが多く、友達と遊べない

◇落ち着きがない

◇気に入らないことがあると、わけもなくかんしゃくやパニックをおこす

◇同じ順序や方法で物事を行なわないと気がすまない

◇慣れない場所に行くと、不安を示したり中に入れないことがある

◇困っている癖や行動、こだわりがある など

 

リンクはコチラ

子ども発達相談室

 

子ども発達センター(ここ・ほっと)

子ども発達センター(愛称:ここ・ほっと)は発達に関する相談から支援までを行う総合的な窓口です。相談だけでなく、子どもの状況に応じた療育の提供も行っています。
子ども発達センターには主に以下の支援が行われます。

◇相談から発達の支援までを行う総合的な窓口

◇お子さんの発達を促す療育の提供

◇お子さんの家庭や地域における発達の支援

◇交流によるノーマライゼーション(障がいをもつ者ともたない者とが平等に生活する社会を実現させる考え方)の推進

 

リンクはコチラ

子ども発達センター(ここ・ほっと)

 

こちらで取り上げたもの以外にも宇都宮市では、発達障がいやその他の障がいに関する様々な行政サービスを行っています。その他の情報及び上記施設の詳細については宇都宮市のサイトをご覧ください。

ゴゴチ!では、今回の試みをきっかけとして、障がいに関する生きた情報を皆様に提供し、子どもたちとそれを育む社会全体に笑顔が少しでも増えるよう今後も取り組んでいきたいと考えています。

まだまだスタートしたばかりで、ゴゴチ!編集部も勉強をしながらのチャレンジです。

皆さんでこのコンテンツを育ててくださるお気持ちで応援して頂けると大変うれしく思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残してくださると嬉しいです!

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


子育て支援団体

  1. みんなで囲む食事は美味しくて、楽しい! 宇都宮大学の学生さん達が運営する「あいあい…
  2. 栃木県宇都宮市を中心に活動する子育てサークル『キラキラママサークル』です。 みんなで協力すれば…子…
  3. こども食堂が宇都宮に出来ました! 誰でも気軽にあたたかいご飯が食べられます。 たまには家事の手を…
  4. こども食堂は、誰でも来られてみんな一緒にご飯が食べられる場所です。 子ども一人でも安心してこられま…
  5. こんなこと、ありませんでしたか? ●子どもが急に熱が出て、保育園では預かってもらえない。でも、仕事…

Nicoleママとこどものロケーションフォト

Nicoleママとこどものロケーションフォト

とちぎウーマンナビ

とちぎウーマンナビ

投稿はコチラ!!

投稿はコチラ!!

Facebookもチェック!!

運営者情報 / 協賛者様

運営者情報 / 協賛者様
ページ上部へ戻る