Jelly Beans Project 第4回 交流会@コラボモール(宇都宮)

2019年1月29日(火) JellyBeansProject 第4回目の交流会をコラボモールで開催しました。

今回も多くの方からご参加の申し込みを頂きありがとうございました!
皆さんとの交流を楽しみにしていましたがゴゴチ!主催者であり司会進行者の子どももインフルエンザに罹患し泣く泣く欠席……
参加予定の方も数名、お子さんの体調不良により欠席とのご連絡があり、当初は10名の予定が7名での交流会となりました。

皆さんとお会いしたかったので残念ではありましたが、少人数ならではの密な交流会になったようにも思います。

第3回目の交流会にご参加下さった方が複数いらっしゃったので、『あー!お元気でしたか?お久しぶりです😊』と和やかな雰囲気の中
突発での司会進行をする事になった私の緊張も随分とほぐれました♪

そして、今回のテーマは……

今回は、短時間の中よりリラックスして闊達に意見交換ができるように✨と、開始早々にお菓子タイムを導入しました!

お煎餅や持参したお茶等を飲みながら、まずは簡単な自己紹介タイム。
〇才の子どもが療育に通っています、こんな活動を始めました!など、皆さんの現状も交えての気楽な自己紹介。
そして、親しみもこめて『○○ちゃん』と名前で呼び合おうと、各自 自分が呼んでほしい名前をガムテープにマジックで書いて胸元にペタッ!

これから就学を控えているお子さんから、小学生のお子さん、更に年上のお子さんをお持ちのお母さんと幅広くお集まり頂いたので
それぞれの年代毎での悩みや、そこの園は昔はこういう評判だったよ!など様々なお話をきく事ができました。

そして、支援先に求めるもの!
ズバリ『情報の共有!連携!』、これに尽きるように感じました。

前回の交流会でもこれは出ていましたね。
相談に行った機関で次はこちらに行って下さいね と紹介されて行った次の施設なのに『で、今日は何しに来たの?』と言われたと。
それだけでもショックなのに、また一から説明をしてやっと話が進むかと思いきや『来る必要ないんじゃないかな。』なんて言われたら。

お子さんの成長で不安を抱えているお母さんが、家事育児の都合をつけて頑張って自分を奮い立たせて来たってのに……
きっとお子さんへの説明・説得にも相当の労力を要したはず。肩透かしどころか泣きたくなってしまいそう。

このIT時代の世の中、せめてPC上ででも情報が共有されていれば と思いました。
というか、それが普通なのではないでしょうか?
じゃあ何で紹介したの?と怒りすら覚えます。

そして、関連施設間での情報共有は勿論の事、子どもの成長に不安を抱えている保護者としてはそういった施設・機関、園や保護者同士のネットワークなどのあらゆる情報がほしい!どうしたら得られるのだろう?一発で色々な情報が得られるものはないのだろうか?
といった声もあがっていました。

この機関は親切な対応だった、保護者同士でこういう集まりがあるよ などの実際に役立つ情報がほしいのです。

しかし中々それが難しい現状、ある参加者さんはご自身で活動サークルを立ち上げていらっしゃいました✨
会場を借りて、子ども同伴での他愛ないおしゃべり・意見交換の場を作りたいと。
お子さんが飽きてきたら、施設の周辺をお散歩したり遊具で遊びながら親子で身体を動かしたりと出入り自由な気楽な空間で情報交換をしたいとの事で、他の参加者さんも是非行きたい!と。
『ただ、情報発信の場が……』ともおっしゃられていましたので、当スタッフがすかさずゴゴチ!のJellyBeansProjectの掲示板を案内していました!

そう、そういった情報もどんどんこの掲示板を使って発信してほしいです!!!
そして同じ思いの方々が集まり、少しでも分かり合える時間・気持ちが軽くなる時間がもてたら♬
そこからまた新しい繋がりが出来て、新しい行動・活動が動き出す!
そう考えたらすっごくワクワクしてきちゃいます💛
だって、それがカラフルで可愛い子ども達の素敵な眩しい未来に繋がっていくのですもの!!
他の参加者さんは、来月からとある施設でお仕事を始める予定だともおっしゃっていました。
皆さん、子ども達のために…ひいては自分のために前向きに活動してらっしゃるのだな~と背中を押された気持ちになりました。

楽育アートセラピストとして、育てにくさのあるお子さんの子育て講座やお悩み相談室を開催している日光市在住の山本佳子さんからもリアルなアドバイスを頂きました。

もし、クラスの友達関係や先生との関係、支援級に通いたいなど学校の体制に調整が必要だと感じた場合は、3学期では対応が間に合わないこともあるので、2学期中に学校へ相談した方がいい!

3学期になるともう引き継ぎの段階に入ってしまい、現状でどうしようって動きは望めなくなりますので時期は大切ですとの事でした。
学校には諦めずに意見・希望を伝え続ける事も大切だと。
山本さんご自身も『今回も無理なんだろうなぁ』と分かっていても学校に面談をお願いして、毎年要望を伝えていたこともあるそうです。
前例がないならむしろラッキー!そこから始めればいい。
何も動かなかったら何も変わらない。
諦めずに…でも敵対心は持たずに分かり合いたいという姿勢で話し合いを続けていく。
そんなお話をきいて、すごく納得しました。

学校側も保護者も子どものために何とかしたい思いが大前提にあるはず。
なら、同じ思いの大人達が敵意を持ち話し合いに臨むのは無意味ですよね。
分からない点は補い合い共有して、同じベクトルで前を向くのが建設的です。

学校以外の機関・施設の情報共有もそうかも知れません。
冷たい態度に悲しくなるかも知れませんが、一歩踏み出して『ではアドバイス頂いたように新しい機関に出向いてみます!ご紹介ありがとうございます。今日お話しした情報は先方に引き継ぎして頂けますか?どなた宛にお伺いしたら宜しいでしょうか?』など前向きな言葉、先方を労う言葉と共にフォローのお願いをしてみると相手の態度も変わるかも。
…なんて、療育の現場を未体験の私だから思う事なのかもしれませんね。
軽々しく感じる方がいらっしゃったら申し訳ありません。
でも、頑張って出向いたのですから何か一つでも布石を残してほしい!と思ってしまう欲張りな私です。

また、前述しましたがJBP掲示板ではこの交流会の開催についてのご意見も募集しております!
開催場所のおすすめ、ありましたらぜひ教えてください!宇都宮市以外でも開催して行きたいと思っています♪
・和室などの靴を脱いで利用できる部屋
・できれば飲食可
その他、より良い交流会にするためのアドバイス等もぜひ宜しくお願いいたします。

開催場所や取り上げてほしいテーマなどJBP掲示板への書き込みでも、ゴゴチ!FacebookにでもゴゴチくんのInstagramにでもOK👍
メールでのご意見は【support@with-mommy.com】までお願いします!

JBP掲示板、発達障がいについてのTV番組や雑誌等のお知らせや県内のこの施設がお勧め!、保護者同士のお話会を開催しまーす♬など、様々な情報発信の場としても是非ご活用下さいね!

インフルエンザがまだまだ蔓延していて学級閉鎖も出ていたこの時期。
そんな中で家事育児の都合をつけて、またお仕事が忙しい中でのご参加と本当にありがとうございました!!

今回のご意見をまた次の会や情報発信に繋げて行きたいと思います。

こうして参加して下さる皆さんがあっての交流会です。
まだ交流会に参加した事のない方や、子どものために何をしたらいいのか不安を抱えている保護者の方、
ぜひゴゴチ!JBPへのご意見や交流会へのご参加をお待ちしております。

草の根運動かも知れませんが、何かを始めなければ何も変わりません。
何かを変えたければまずは声をあげなければ! 一歩を踏み出さなければ!
でも一人じゃ不安だな💦何をどうしたらいいのか分からない😱 そんな場合も是非ゴゴチ!を使って下さいね!

今回ご参加下さった方から『前回の交流会に参加して様々な意見を聞いてとても参考になったので』とのお言葉、嬉しかったです♡
そして自ら交流の場を作ろうと立ち上がっている行動力にびっくり!
ゴゴチ!も益々頑張っていかねば と初心にかえる思いです。

皆さんのご意見・活動に勇気をもらいながら、ゴゴチ!も更に邁進して参りますので宜しくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントを残してくださると嬉しいです!

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


サイト内検索

  • キーワード

  • カテゴリー

  • エリア

とちぎウーマンナビ

とちぎウーマンナビ

投稿はコチラ!!

投稿はコチラ!!

Instagram

Instagram

運営者情報 / 協賛者様

運営者情報 / 協賛者様
ページ上部へ戻る